TSUTAYA(ツタヤ)岡崎欠町店が閉店してる。

シェアしちゃう!

皆さんまめ(元気)ですか?

どうも、岡崎にゅーすのNakaです。

今日は岡崎市内をドライブしていてたまたま通りがかったTSUTAYAさんが閉店していることがわかりました。

TSUTAYA(ツタヤ)岡崎欠町店が閉店してる。

こちらが現在のTSUTAYA欠町店。

閉店してますね。

そもそもここにTSUTAYAがあったことを知らなかった。。。

普通TSUTAYAってもう少し大通りの目につきやすい場所にあることが多いのですが、ここは中に入ったところにあります。

ここら辺に昔何があったかは知らないですが、居抜きでTSUTAYAになったのだと思います。

スポンサーリンク




TSUTAYAは実はフランチャイズ店の比率がとても高い

普通企業のHPとかに直営店とフランチャイズの比率って書かれているものなんですが、ここは書いてありませんでした。

会社はCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)

創業は1983年3月24日です。

色々検索してみると、Yahoo知恵袋に店舗比率を調べたツワモノがいらっしゃいました。

そこから数字を引っ張ると2014年のTSUTAYAの全店舗数は1435店舗、その内FCの店舗が1320店舗ほどみたいです。

参照:Yahoo知恵袋

この情報が正しいとしてだいたい100店舗ほどしか直営がないということですね。

これは感覚的にも正しい気がします。

フランチャイズのシステムっていいですよね。

TSUTAYAさんの場合だと売上の5%が毎回本体に支払う料金みたいです。

それが1300店舗近くもあれば、それだけで莫大な金額です。

フランチャイズはありかなしか。

よくコンビニとかで経営者募集中!!

って看板をよくみますね。コンビニも9割ぐらいがフランチャイズです。

あまりボクは良いイメージがないのですが、

「こんだけ儲かりまっせ!」

ってデータを見せつけてるんでしょうね。

それでうまく売上が上がらないと

「あなたのやり方が悪いんじゃないですか?」

で終わってる気がするんですよね。

こんな記事がありました。

コンビニって6割も売上利益から抜いてたの?やばすぎるやん。。。。

ちなみにコンビニの一番の売上の柱はタバコみたいですよ。

フランチャイズもありな会社もあるのかも知れないけどさ、あまりにもフランチャイズの比率が高いところって何か闇がある気がするんですよね。

だって儲かるなら本体でやればいい話だし。

多店舗展開をして加速していきたいよ!って場合は話が別ですが。その場合も9割がフランチャイズの比率で展開していくかと言われると結構謎な気がする。

まぁ本当のところはわからないですが、少しだけ思うところがあったのでつらつらと書きました。

まとめ

次は何の店になるのでしょうか。

また変化がありましたら書いていきます。

岡埼にゅーすではまだまだ岡崎に関する情報を募集しています。こちらからお願いします。
岡にゅーMAPも更新してるのでぜひご活用ください。
お手持ちのスマホのGooglemapアプリからもお気軽に利用できます。

Googlemapを開く→≡を押す→マイプレイス→マップ→岡崎にゅーす
であなたのGooglemapアプリから岡崎にゅーすのマイマップと連動させたものを表示できます。
※iosの場合、リンクは飛べません。Androidなら可能です。
※一度岡崎にゅーすのMapをクリックしていただく必要がございます。
現場からは以上です。

Naka
愛知県岡崎市出身在住。岡崎北高校、信州大学卒業。学生時代にOnTheCloudを立ち上げ、日経新聞、信濃毎日新聞、長野新聞などのメディアへ露出。趣味は食べ歩き。休日はコメダ珈琲か六名体育館ジム。(※アイコンの似顔絵は実際の人物よりも1000倍カッコいいです。)
スポンサーリンク



スポンサーリンク







シェアしちゃう!

フォローして頂けると、ブログ更新をお知らせさせて頂きます!