岡崎のわっぱめし葵!わっぱ飯ってなんだ?気になったので行ってきました!

シェアしちゃう!

こんばんは^^

8月も終盤です。もう夏が終わってしまうのか。

本当に月日が過ぎるのが早すぎてすぐに歳をとってしまう。。

でもこの前言われて嬉しかったことがあります。

「歳はとるけど、見た目が若いならそれでいいと思いますよ^^」

これを励みに早速今日もいきます。笑

岡崎のわっぱめし葵!わっぱめしってなんだ?って気になったので行ってきました!

まずはgooglemapからいきます。



岡崎の北部にございます。

外観はこんな感じです。

昔ながらのたたずまいと言った感じでしょうか。

利用シーンはこんな感じみたいです。

昔からこの店気になってたんですよね。

ここの近くに森があって、子供の頃よくカブトムシやらクワガタを取りに行ってたんですよね。

その頃からわっぱめしってなんだ?

って思ってたけど、まぁいっかで通り過ぎてました。

大人になった今ふと思い出して、行ってみることにしました。

スポンサーリンク




わっぱ飯とは何か?!

わっぱめし
新潟の郷土料理で、わっぱに飯を詰め、鮭の身やイクラなどの具をのせて蒸したもの。わっぱとは、ひのきや杉などの薄板を曲げて作った円筒形の容器。

  

へー新潟の郷土料理なんだ。

新潟の郷土料理がなぜ岡崎に?!

この辺はかなり謎だな。多分出身が新潟の方がやっているんだろう。

早速店内に入ります。

メニューはどんなものがあるの?!

メニューはこちら。(クリックで拡大)

上の方にもメニューがありました。

居酒屋も兼ねてる感じですかね。

日替わりランチは850円で平日のみです。

今回はこの店の推しのわっぱめしを食べてみることにしました。

ちなみにこのお店は、職人気質の方のお店でした。

なんかわからんですが、少し緊張しました。笑

親子わっぱ(1300円税込)を食べてみた!

写真はこちら。

おおおお、豪華や。

結構ボリュームもあるな。。

もうちょい拡大してみますよ。

うっはー!!これはインスタ映えしてしまうやつ。。

きゃっきゃっして取りに行くのはやめときましょうね!

それではいざ、実食。。

む、いくらの周りのシャケがボリューミー!このシャケの層がとても分厚く1cmぐらいの厚みがある。それにしてもかなり量あるな。女性の方だときついかも。付属の味噌汁、ナスの甘酢あえ、漬物等は職人の味!結構年配の方にはウケるような料理ではないでしょうか。

新潟の郷土料理はこんな感じなんや。

一つ知識が増えたのでこれで新潟県民と仲良くなれるわ!!

新潟県民とわっぱめしの話題で盛り上がりたい時はまずはここへ。

まとめ

今回は岡崎のわっぱめしさんをご紹介させていただきました。

長年の謎が解決できて満足です。

岡埼にゅーすではまだまだ岡崎に関する情報を募集しています。こちらからお願いします。
岡にゅーMAPも更新してるのでぜひご活用ください。
お手持ちのスマホのGooglemapアプリからもお気軽に利用できます。
Googlemapを開く→≡を押す→マイプレイス→マップ→岡崎にゅーす
であなたのGooglemapアプリから岡崎にゅーすのマイマップと連動させたものを表示できます。
※iosの場合、リンクは飛べません。Androidなら可能です。
※一度岡崎にゅーすのMapをクリックしていただく必要がございます。
現場からは以上です。

  

わっぱめし葵

愛知県岡崎市仁木町川越203-1

TEL:0564-45-4105

営業時間

11:30~14:00
17:00~23:00

定休日:水曜日

駐車場:10台ぐらい

Naka
愛知県岡崎市出身在住。岡崎北高校、信州大学卒業。学生時代にOnTheCloudを立ち上げ、日経新聞、信濃毎日新聞、長野新聞などのメディアへ露出。趣味は食べ歩き。休日はコメダ珈琲か六名体育館ジム。(※アイコンの似顔絵は実際の人物よりも1000倍カッコいいです。)
スポンサーリンク



スポンサーリンク







シェアしちゃう!

フォローして頂けると、ブログ更新をお知らせさせて頂きます!

コメント

  1. 川崎絶人 より:

    おお!ココ気になってました!
    Nakaさん、レポありがとうございます!
    わっぱめし・・・美味しそうです~
    (以前、斜め向かいの大きな病院に、鎖骨骨折で入院してて
     指くわえて、葵さん見てました?!)

    • Naka Naka より:

      いえいえ!これは写真が綺麗に撮れる食べ物でした。笑
      カウンターがずらりとあり、結構職人感がある店でしたよ!