紙媒体とウェブ媒体どっちが集客効果があるの?って話。

シェアしちゃう!

どうも岡崎にゅーすのNaka(@oka_nyu)です。

雑記です。岡崎の記事はもう少し待ってね(๑´ڡ`๑)

今日はブロガーらしい記事を書いていこうかなと思います。

興味ある方は少しおつきあいくださいませ。

紙媒体とウェブ媒体どっちが集客効果があるの?って話。

今日のテーマは紙媒体とウェブ媒体のお話。

それぞれ特徴があるのですが、皆さんはどっちが集客効果があると思いますか?

ちなみに補足しておきますと、紙媒体というのは雑誌、フリーペーパー、チラシなどのことで、ウェブ媒体っていうのは、サイト、ブログ記事がそれにあたる。

答えを出します。

ウェブ媒体である

もちろん例外はあるが、ほとんどの場合ウェブ媒体だ。それはなぜか?

ウェブ媒体の特徴

なぜウェブ媒体かということだが、今の時代1人1台スマートフォンを持つ時代になっているからだ。

以下は総務省の平成27年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査のデータである。スマートフォンの利用の統計を表したグラフだ。(クリックで拡大)

これは平成27年のデータなので今ではもっと所有率が上がっているはずだが、10代から50代の幅の層は半分以上の世代がスマートフォンを所有していることがわかる。

スマートフォンを持っているということは、わからないことがあったらまずそれで検索するということだ。

紙媒体で一々情報を探す人は圧倒的に少ないはず。だが推測で物事をいうのは良くない。次の統計はどの媒体で情報を得ているかのデータである。(クリックで拡大)

年代別の割合である。1位がテレビ、2位がインターネット、3位が新聞、4位が雑誌である。

これを見てもわかるようにインターネットの重要性は情報源として非常に高いものである。これがボクがネットの方が集客力があるという理由である。またユーザーが知りたいことを検索するという行動は適切な答えがそこに掲載されていれば来店の直結に繋がるが、紙媒体例えば雑誌の場合は娯楽で読むことが目的で適切な答えを探していないことも多々ある。へーで終わる可能性が高い。以上の2点からネットのが集客力があるという結論だ。しかし検索に引っかからなければ意味はないことを付け加えておく。

では紙媒体は何のためにあるの?

それは一種のブランディング要素だと思っている。紙媒体に掲載されるというのは、特別感がでる。特に東海ウォーカーなど大手メディア雑誌に掲載されたら効果は絶大だ。(ものすごく掲載料金が高いが。)こういう大手媒体は少し特別であるが、一般の紙媒体は集客には繋がりにくいのが事実。紙媒体を読んだらへーそんな企業、店あるんだとなるが、その後どうなるかというと、ユーザーはネットでその企業、店を検索するのである。

結局はネットに戻ってきてしまう。ということは紙媒体ってあんまり効果ないんじゃないの?って正直思ってしまう。キッカケ作りには良い。だが、ネットより目にとどまる確率が低い(母数が違いすぎる)し、複数掲載店がある中で「お!」って思ってもらえるかは定かでない。

食べログはウェブ媒体しかないが集客力がすごい

先ほども言ったが、一人一台スマホをもつ時代である。検索した結果で一番最初に出てくるということはそれだけ強い宣伝効果をもつということだ。飲食店を検索すると食べログがほぼ1位である。

もし飲食店の開業を考えている人がいるなら、迷わずボクは食べログを押す。検索順位が与える影響についてはかなり理解している。最初の半年だけでもやったほうがいい。ちなみに食べログの回し者ではない。笑

食べログの強みは、口コミのサービスだ。それに続いてそのお店の特徴、メニューまで全て網羅している。これを見れば、大体のユーザーは事足りてしまうし知名度もめちゃくちゃ高い。

集客ツールとしては非常に優秀だが、広告料金が高い。ネットサービス(スマホこみ)を受けるには最低で約25,000円/月かかる。これはかなり痛い出費なはずだ。

また、食べログも少し問題を抱えているので全て優秀というわけではない。食べログは金を払うユーザーには食べログ内で検索も上に上がってくるよう設定している。そして金払わないと検索順位下げるぞという脅し問題も表向きに出てしまったので非常にイメージが悪い。それに付随して口コミやらせ問題で疑心暗鬼になっているユーザーも多々いるというのが現状である。

何が本当なのかわからない時代だ。もうこれは自分の目で見て、確かめて判断するしかないと言える。だが検索して1位に出てくるので影響力は強い。

ランチパスポートはどうなんだ問題

多分ここで勘のいい方はランチパスポートは紙媒体だけど集客力あるじゃん。って気づいたと思う。その通りである。ランチパスポートの集客力は半端ではない。

ランチパスポートを知らない方のために簡単な説明をする。ランチパスポートとは

ワンコインでランチを提供してくれる飲食店を募集する。
その飲食店をランチパスポートが作っているクーポン本に無料広告掲載する。
クーポン本を販売する。ユーザーが1000円ぐらいでクーポン本を買う。
ユーザーがそのクーポン本を持って飲食店でワンコインランチをする。

という流れのサービスだ。ランチパスポート側としても飲食店側からしてもユーザー側からしても全てウィンウィンウィンのように思える。が実際は違う。飲食店側からしたらあまりいいとは言えない。

飲食店側のランチパスポートのメリット

・集客がたやすくできる。

・お店の存在を多くの方に知ってもらえる。

・かなり薄利だが、安定した収益が出せる。

・もしかしたらその中からリピーターになるお客さんが出る。

・店が流行っているように見える。

以上が思いついた、おおよそのメリットである。

次にデメリットを述べる。

飲食店側のランチパスポートのデメリット

・たくさん客が来ても利益が少ない。最悪人件費で赤字。

・500円という低価格で売るので、安い店というイメージがつきやすい。

・ほとんどの客がリピーターにならない。

・ランチパスポートをやめると一気に客が減る。

・忙しいので疲れる。

・店が混むので、待つのが苦手な顧客、ランチタイムが限られている顧客を逃してしまう。

これを見てどうだろうか?長期的な視点を考えるとやらないほうがいい気がする。でもなぜやるか?それは圧倒的な集客力があるからだ。一見、店が満員だと流行っているように見える。がしかし実際のところはあまり儲かっていないはず。

これだったら優良顧客とじっくり人間関係を作っていった方のが遠回りだけどいいんじゃないかと思う。800円のランチを原価300円で作るとしよう。1人あたり500円の利益だ。これをランパスにして500円で提供したとする。1人あたり200円の利益だ。2人きても400円の利益になる。2人分作ったのに1人分の利益に勝てない。

実際にはランパス用のランチを作る店もあるとは思うので、もう少し原価は下がるかもしれない。だが原価を下げる=味が落ちるに繋がりやすい。これでは美味しいものを食べたいというユーザーさえも遠のいてしまう可能性がある。

そもそも500円という設定で料理を作るのはかなり無理があるんじゃないかなとボクは思っている。しかしランパスをやる店に顧客が行き、ランパスをやらないと顧客が取られる構図ができている。なのでランパスをやらざるを得ないという負の連鎖がある。

ランチパスポートを作った人は頭が本当にいいなーと思う次第である。しかしこの負の連鎖をボクはなんとか解決できないかなと思っている。

ブログの影響力をなめてはいけない

ブログでの集客は非常に強いとボクは思っている。こんな【ゆるいブログ】が集客に繋がるわけないと思っている方もいるだろう。しかしそれは大きな間違いである。

岡崎の飲食店の食レポをかなり書いているのでボクが岡崎の記事を書くとgoogleでおおよそ1ページ目か2ページ目には出てくる。これは検索からお客さんを引っ張っているということになる。

例えば、あなたが岡崎でうまいオムライスを食べたいとする。なんと検索するであろうか?

「うまい オムライス 岡崎」

これで検索するはずだ。検索結果はこのように出る。

食べログがずらっときて、その次にRettyのサイトがきて、その次にさん太、その次にボクの記事が出てくるはずである。

多くの方が、食べログ、Rettyから探すだろう。しかし掲載されている数が多いのでユーザーの中には「どのオムライスがうまいかわかんねえ。」という方も一定数存在する。それで次にさん太の記事をみる。「でもここは有名だからいったことあるしな。。ん?なんかあるぞ?」

でボクの記事までたどり着いたユーザーがいたとしたら、多分その方はそこの店に行くだろう。あくまでも推測ではあるが、このように流れてくるユーザーは必ずいるはずだ。

つまり何が言いたいかというとブログは検索内容を考慮した記事を書けば集客に繋げられるということだ。ブロガーにとっては当たり前のことだが、一般では当たり前のことではないので伝えておく。さらにそのブログには大勢の読者がいることも忘れてはいけない。

ステマはしないのがこのブログなのでボクの好きなように記事は書くが、紹介してと言われればもちろん駆けつけ記事を書くのでぜひこの岡崎にゅーすを使って欲しい。

まとめ

今回は紙媒体とウェブ媒体どっちが集客効果があるの?って話をさせていただきました。

ちょいと長くなりましたが、何か参考になれば幸いです。

岡崎にゅーすでは岡崎に関する情報を募集しています。情報提供はお問い合わせからお願いします。

岡崎のMAP、略して岡にゅーMAPも作っています。あなたの住んでいる街の近くにも知らないスポットあるかも知れませんよ(´∀`)b

イベント情報も更新中です。岡崎のイベントを月ごとにカレンダーでまとめています。こちらも情報お願いします。


岡崎にゅーすの情報は、twitterフォロー、Facebookイイね!、RSSの登録をしていただくと更新をお知らせさせていただきます。


現場からは以上です。

Naka
愛知県岡崎市出身在住。岡崎北高校、信州大学卒業。学生時代にOnTheCloudを立ち上げ、日経新聞、信濃毎日新聞、長野新聞などのメディアへ露出。趣味は食べ歩き。休日はコメダ珈琲か六名体育館ジム。(※アイコンの似顔絵は実際の人物よりも1000倍カッコいいです。)

シェアしちゃう!

フォローして頂けると、ブログ更新をお知らせさせて頂きます!

スポンサーリンク