スターバックスの分析とちょっとした裏技と楽しみ方

0

こんにちは^^

 

今日は昼からの更新です。

 

今人生で初スタバでドヤ顔でMacをいじっています。

 

Macを取り出したら、右隣の人が見てきたので多分これが例のやつだなとニヤニヤされていることでしょう。

 

だが、全然気にしません。そしてボクはドヤ顔でブログを書きます。

 

 

ということで今日は

 

スターバックスのご紹介とちょっとした裏技

 

 

業績について

今みなさんの近くにあるスターバックスコーヒーですが

 

 

1店舗あたりどのぐらいの利益を上げていると思いますか?

 

 

このブログでは分析を主としているので財務諸表から会社の状態を見ていくことにします。

 

それではいきます。

 

これは会社のHPのプレスリリースに掲載されているデータです。

 

グラフ1をご覧ください。

 

グラフ1.

 

表1

 

順調に売上、利益ともに右肩上がりを続けていますね。

 

2015年3月にスターバックスコーポレーションの100%子会社となり、東京証券取引所において上場廃止となったので、数値が2014年までしかわかりません。

 

2011年3月期にはガクッと当期純利益が下がっています。表1から読み取ると、特別損失を計上しています。

 

損失の内容が何かはわからないのでここら辺は割愛しますが経営的には順調そうです。

 

次に実店舗の総数を見ます。

グラフ2をご覧ください。

 

グラフ2

 

売上、利益が上がっているのでもちろん店舗数も増えています。2014年には1000店舗を超えました。

 

下の表2が各地域別の店舗数です。

 

表2

 

 

 

 

 

こちらは参考程度にご覧ください。

 

さて、2014年のデータを元に分析します。

今回は1店舗あたり平均毎月いくら利益が出ているか分析します。

 

ここでまず用語の説明。

 

営業利益とは
売上高から(人件費、材料費、広告費など)を差し引いたもの。本業で稼いだ利益のことです。

 

経常利益とは
営業利益に受取利息などの営業外収益を足し、銀行に支払う借入利息などの営業外費用を差し引いたもの。

 

当期純利益とは
経常利益に、土地の売買等で発生した特別利益特別損失を足したり引いたりし、そこからさらに税金を差し引いたもの。最終的に会社に残るお金を表す。

 

なんとなくご理解いただけましたでしょうか。

 

今回は1店舗あたりの利益なので、営業利益の部分しか関係がありません。

 

2014年の営業利益は10,951百万円

 

2014年の総店舗数は1034店舗

 

単純に割り算します。

 

10,951百万÷1034=10.59百万円

 

1店舗あたりの利益1059万円/年間

 

1店舗でこんなに儲かっとるんかい。

 

実際にはオンライストアでのコーヒー豆の販売、プリベイドカード等のも加算されています。

 

店舗だけの実利益だと、もう少し下がってくるでしょう。

 

また、都会と地方では売り上げに差があるでしょう。

 

オンラインの利益を仮に100万円/年間と仮定する。

 

1059万円-100万円=959万円(平均値)

 

都会だと平均値の約1.2倍、地方だと約0.8倍ぐらいでしょうか?

 

完全に憶測です。

 

ちなみにスターバックスのコーヒー1杯の利益は、1杯が300円のコーヒーだった場合、16円だそうです。

 

売り上げ構成比は

ドリンク:約75%
フード:約15%

その他:約10%

らしいです。

 

(都会)

959万×1.2=1150万円/年間

 

1150万÷365=約31500円/日

 

(地方)

959万×0.8=767.2万円/年間

 

767.2万÷365=約21000円/日

 

ぐらいの利益ということですかね。

 

裏技のご紹介

 

スタバでちょっとドヤ顔できる裏技をご紹介しましょう。

 

スタバではプレスサービスというものがあるのをご存知でしょうか?

 

なんだそれ、聞いたことない。

 

 

店頭でプレスサービスお願いしますというとスタバのコーヒー豆、約14種類の中から好きなものを飲めるのです。

 

しかも、席まで店員が持ってきてくれるという待遇付き。

 

それぞれの味の特徴も店員さんが教えてくれます。

 

こんな感じに持ってきてくれます。

 

 

料金は¥399なので高くないです。

 

※しかしこれはドリップコーヒーの時の100円お代わりサービスがついてきませんのでご注意ください。

 

以上スターバックスでドヤ顔レポートでした。

 

現場からは以上です。

 

 

スタバについてよく分かる本です。
サービス精神がキーワードみたいですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)