相席屋に10回以上行ったボクが対策を考察する。

シェアしちゃう!

こんばんは^^

昨日のツケがあるのでブログを連続更新です。

先日、友人が彼女に振られたとのことで相席屋に行ってきました。

行ったことのない人のために、考察&レポします。

相席屋のレポと考察

まず、相席屋とは何か?

簡単にいうと、即席合コンができるお店である。

料金システムはこのようである。

スポンサーリンク




料金システムについて

これは男性のみが発生するもので、女性は全て無料である。

む、無料!?

驚かれる方も多いでしょう。

しかし、これが今巷で大流行りのお店なのである。

ちなみに食べ物は一応あるのだが、ちゃんとしたものを頼むと追加で料金が発生する。

無料で食べれるし、飲めるし、だからそれ目的で来ている女ばかりじゃん。俺ら損じゃん。

果たしてそうであろうか?

こちらの円グラフを見ていただきたい。

来店の理由

女性のグラフに注目である。

読み取れることは、【安いから】、【その他】を除いた65%がポジティブな目的で来ているということだ。

要は、楽しみたいがベースにあり、そこからはあなたたち次第というメッセージに受け取れる。

会話が楽しかったり、また会って見たいと思えば会うであろうし、そうでなければそれまでということだ。

私自身も、何回か潜入調査に行ったことがあるのだが、ただ、食べたい飲みたいだけなんて子はいなかった気がする。

ここで先日の相席の話をしよう。

先日の相席

彼女に振られた友達と行った話である。

ガラガラガラ、来店。

店員「今ちょうど相席待ちの女性の方がいるのですぐにご案内できますよ。」

ボクタチ「あ、じゃあお願いします。」

店員「ファーストドリンクだけお伺いします。」

中略

そして相席へ

相席したのは大学生だ。まだ若々しい。

相席屋ではお互いの雰囲気、年齢等を店員が大体合わせてくれる仕様らしい。

人がいないとえ?っていうこともあるが、それはご愛嬌。

軽く自己紹介をし、飲む。

女子大生「何やってる人たちなんですか?」

ボクタチ「新聞配達。」

女子大生「え?新聞配達ですか?笑 朝早そうですね。」

ボクタチ「朝はめっちゃ早いよ。冬だから冷えて来て大変だし。」

女子大生「で、本当は何やってるんですか?笑」

というくだらない会話をしつつ、料金も増えていくし、用事もあったので、

ボクタチ「新聞配達の準備しなきゃだから帰るわ。」

と伝え、LINEを聞いて30分で解散。

とまぁこんな感じでした。

対策方法を考察する。

男性側は料金を支払っているので、成果が欲しいですよね。

どのように動けば最もコスパよく、連絡先を聞き、次に繋げられるか。

ボクなりの考察です。

すべきこととは?

①30分以内に連れ出しを提案し、違う場所へ移る。

このまま長いこといると、料金が天井まで釣り上がります。早めに打診して、違う場所へ移動することをお勧めします。

またLINEだけ聞いて後日に繋げてもいいでしょう。

ボクは30分会話して無理なら無理だろうと思っているのでこの戦略でいいと思います。

②女性に安心感を抱かせ、そして楽しませる。

基本的には自己開示して、自分の身元を明かすこと。

どこに住んでいて、何をしているか。

(これやっても結構難しいんですけどね。。。)

女性の警戒度はかなり高いです。どこぞの人と知れない奴と繋がるのは女性としてはリスクです。

あとは楽しませることです。会話で盛り上げましょう。

楽しくない人とは一緒にいてもしょうがないと思うのが人間です。

まだ盛り上がりきれていないな、反応が薄いなと思ったらもう少しだけ粘るのもありかも知れません。

最長でも50分以内には絶対出ましょう。

③早めの時間帯に行く。

時間が遅くなってくると、男性で待ちが出始めます。

待ってまで相席をしたいとは私は思いません。

早めの時間帯だと、暇を持て余した大学生の子達が結構来てます。行くなら早めがお勧めです。

以上ポイントは3点です。

営業等に携わっている人だと、結構たやすいことかも知れませんが、普段あまり知らない方と会話しない方は練習が必要かも知れません。

まだ細かい考察はありますが、この辺にしときます。笑

まぁ楽しむことが一番大事なんですけどね!

みなさんも素敵な相席屋LIFEをお過ごしくださいませ。

現場からは以上です。

相席屋についてより知りたい人はこちらをご参考に。

Naka
愛知県岡崎市出身在住。岡崎北高校、信州大学卒業。学生時代にOnTheCloudを立ち上げ、日経新聞、信濃毎日新聞、長野新聞などのメディアへ露出。趣味は食べ歩き。休日はコメダ珈琲か六名体育館ジム。(※アイコンの似顔絵は実際の人物よりも1000倍カッコいいです。)
スポンサーリンク



スポンサーリンク







シェアしちゃう!

フォローして頂けると、ブログ更新をお知らせさせて頂きます!